げんきなマドレーヌ

【図書館に児童室ができた頃(1911年)のおはなし】

児童図書館を作ったアン・キャロル・ムーアは、まず、子どもたちが自分で借りれる仕組みを考え図書館での[やくそく]を作ります。

また、[おはなしのじかん]を作りその時間に作家を招いたりして、子どもたちに本の楽しさを伝えました。

このアンのやり方が、今も続いてるんですね。。

『げんきなマドレーヌ』
『マドレーヌといぬ』
『パセリともみの木』

これらの作者ルートヴィヒ・ベーメルマンスは[おはなしのじかん]に招待されたひとりです。

¥ 1,404

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール

    全国一律 300円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。